近年注目を集めるアルガンオイル

2000年以降になって日本では、さまざまな天然の植物オイルが、美容成分として効果的であることが注目されて、利用されています。
例えばホホバオイルは、オーストラリア原産の植物オイルですが、肌との親和性に優れ、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用することができるため、多くの化粧品に利用されています。

また、美肌効果で注目されているのは、アルガンオイルです。

アルガンオイルはモロッコが原産のオイルで、古来より原住民であるベルベル族が、関節のマッサージや美容など、万能のオイルとして利用してきました。

多角的な視点からエキサイトニュースに関する詳細はこちらです。

アルガンオイルはサハラ砂漠の北西部に自生するアルガンツリーから採取されるオイルですが、30?の果肉から僅か1?ほどしかとることのできないオイルのため、とても貴重だと言えます。アルガンオイルには、リノール酸やオレイン酸、ステロールなどの美肌を作る上で効果が期待できる成分が多く含まれており、アンチエイジングのためにも良いと言えます。また、特徴的なのが肌への浸透力が強いことと、保水力に長けていることです。


サハラ砂漠の北西部に自生するという特性から、保水力に優れているため、肌に浸透して潤いを保つことが期待できるのです。

その理由は、人間の皮膚の中の構造が関係しています。

アルガンオイルは支持されています。

皮膚の中では、水分を多く含む層を油分の多い層が包み込むようにして存在しているため、保水には油分が必要なのです。


そのことから、化粧水を利用するときに、先にアルガンオイルを利用することで、化粧水を肌の中で閉じ込め、潤いをキープすることが期待できるのです。